新名神工事中の高槻付近の様子


昨日に引き続き2日連続でブログ記事を更新するなんて、めちゃくちゃひさしぶり。。。
しかも棚田以外の記事を書くのも約1年2ヶ月ぶりなんです(笑)


IMG7_85616
といいつつ、1枚目から田んぼ登場(笑)

ここはJR京都線の高槻駅~島本駅の間。
新快速やら特急やらいろんな電車が通過していくポイントです。

そして右のほうに目をやると・・・



IMG7_85142
阪急電車もバンバンやってくる。



さらにさらに・・・



IMG7_85150
ヒューーーんと

IMG7_85152
東海道新幹線も頻繁にやって来るという、まさに電車天国状態。
とくに新幹線の全景を見渡せるのはなかなかないので、ちょっと興奮気味です!

新幹線が通過すると、すぐに視界を移すと・・・


IMG7_85161
サンダーバードや~

とくに時刻表や電車のダイヤ等は持ちあわせてないけど、そんなものは必要ないですね。
土曜日の昼間でもこれだけ見れるんやなぁ~


しかしこの日の目的は電車ではないのです (キリッ



IMG7_85169
そう!あれが目的!!
ん?ちょっと遠いな。。。

IMG7_85170
田園風景に突如現れた謎の物体。

ではアレに近づいてみることにしよう。


IMG7_85197
まずはJR東海道本線沿いに左の方へ歩いてきます。
あ、ここは下をくぐれるんや!今まで知らんかったわ~

まあ、せっかくだからさっきの線路の下のトンネルをくぐってみよう。

IMG7_85226
おっ。反対側は土手もコンクリートで整備されてるんやね。

で、またくぐり直してひたすら西へ歩くと・・・

IMG7_85230
なにやら3つに分断された巨大構造物が横たわっています。

そう!これこそ今回の目的。
じつはずっと勘違いしていて、ここが新名神の高槻JCTだと思っていました。
ブログ記事を書こうとして調べてみると、高槻JCTは第一と第二のふたつ存在していて、その場所はもっと山側にあるということがわかったのです。。。

そしてこの高架道路は高槻第一JCTと高槻第二JCTの間にできる高槻ICから国道171号線を結ぶ高槻東道路(仮称)という府道だったのです。

IMG7_85236
国道171号線にいちばん近い部分はすでに新幹線と阪急線を跨いで橋脚と合体しています。

IMG7_85246
真ん中と左の橋桁はまだ仮置きの状態でした。

この光景を見ると、少し前に新名神の西端にあたる神戸JCT付近の橋桁落下事故がどうしても頭に浮かぶなあ。。。
あの事故を受けて、こっちの工事の進捗にも影響があったのだろうか。

IMG7_85247
これが3つ目の橋桁。
こちらもJR東海道本線を跨いだ状態で仮置きされています。

IMG7_85252
工事看板によれば、この高架道路工事は来年2月末で完了予定となってました。
「JR上空に橋を架ける工事を行なっています」という表現がなんだか新鮮(笑)

IMG7_85262
そんな橋桁工事などお構いなしに電車はバンバン通過していきます。


IMG7_85254
お!あそこと繋がるのね。

IMG7_85255
まだ結構距離がある感じ。
もしかしたらもうひとつ橋桁が追加されるのかも。

そしてここが接続されて左へカーブしていき、山沿いをぐるっと右へカーブしたところが新しい高槻ICなんですね。

IMG7_85263
とりあえずまたトンネルがあるので、JR線の下をくぐってみることに。

IMG7_85289
おおっ!これは!
京都の琵琶湖疏水のインクライン下をくぐっている歩行者用トンネル『ねじりまんぼ』と同じ構造ですやん!!
「まんぼ」はトンネルを意味する方言で、アーチ式天井は巻き貝のように煉瓦が螺旋状に組まれているので
『ねじりまんぼ』というわけです。
高さわずか1.8mなので頭上ぎりでした。

IMG7_85280
反対側からの眺めはこんな感じ。

そしてまた「まんぼ」をくぐって、さっきの場所へ。

IMG7_85308
真下から見るとさすがにデカい!

IMG7_85290
仮組みの状態だとなかなかの迫力です。

IMG7_85293

IMG7_85306
橋桁と合体するのはいつぐらいなのかな。

そんなことを考えながら来た道を戻っていると


IMG7_85322
おお~!新幹線と阪急電車の上下線との夢のコラボを目撃!!

ここでまたにわか鉄ちゃんとなって、最初の現場へ

IMG7_85342
新幹線16両編成をすべてフレームに収めることに成功!やっぱり長いなあ~~~

流し撮りにもチャレンジしてみた。

まずは阪急電車で

IMG7_85344
まあこれくらいなら楽勝楽勝(笑)

続いて新幹線ではどうかな・・・


IMG7_85360

IMG7_85368

IMG7_85374

さらにこんな奇跡も!


IMG7_85397

IMG7_85400

IMG7_85402
さすが新幹線!速いわぁーーー

IMG7_85413
今度は逆方向でも!
これはおもしろーいぞ!!!

他にも面白いものが撮れたのでさらにどうぞ

IMG7_85455
おお~~
今度は新幹線同士のスレ違いをゲットしましたー

じつは新幹線と阪急電車のスレ違いも撮ったけど見事に惨敗でした・・・


IMG7_85472
田んぼとのコラボもいいですねぇ(笑)

IMG7_85571
これぞニッポンの新幹線風景って感じですね。

IMG7_85507L
いやぁ~なかなか楽しめましたよ。
待ち時間がそんなにないからいろんな撮り方ができて面白かったです。


カテゴリー: その他エリア | タグ: , , , | コメント(2)

下赤阪の棚田(2016年6月)


約3年ぶりに下赤阪の棚田へ行って来ました。
大阪府千早赤阪村にあって、車で1時間ほどで行けるのでお手軽に『日本棚田百選』の棚田風景を満喫できます。

IMG7_85125

IMG7_85052
到着したのは朝7時前でした。
これまで4回訪問してるけど、こんなに早い時間に来たのは初めて。

IMG7_85054
やっぱり朝の棚田風景はいいですねえ

IMG7_85075
とくに朝と夕方は空の色が写り込んでとても美しいんです。

IMG7_85059
棚田は文字通り斜面に沿って棚のように段々に田んぼが造られているので、形のバリエーションが豊富で
行く場所によって表情が全然違うところがまたいいんですねえ~

IMG7_85060
少し引いて見ると、奥の方の様子が・・・

IMG7_85061
あらら。。。どうやらこの部分は今年は稲作していないようです。

で、さらに・・・


IMG7_85063
こ、これは明らかに3年前の様子と異なる風景になってる!



ちなみに3年前はこうでした↓


【2013年6月撮影】
IMG7_68169
このときは上までびっしり水の張った棚田が並んでいたのに。。。

年々、耕作放棄地が増えているとは聞くけど、いざ目のあたりにするとなんとも残念ではあるんですけど
この棚田を毎年手入れして継続していくことは我々の想像以上に大変なんだと思います。


IMG7_85108
こうして今年も無事に田植えを終えて、下赤坂の棚田らしい風景を見ることができるだけで感謝です。


IMG7_85081
奥の方にある天空の棚田(勝手にそう呼んでます)は健在でした。

IMG7_85084
そしてこの天空の棚田に近づいてみると、面白いものが見えるんですよ。


IMG7_85087
棚田の向こうにPLの塔がひょっこり突き出ているんです!!!
なかなか見れない風景ですよね!

IMG7_85094
まあ、肉眼ではこんな感じです(笑)
まさに望遠マジックです。

IMG7_85096
さらに奥の棚田も健在でした。

そういえば、先日のニュースでここが放送されていました。

IMG7_85106
下赤坂城を築城した楠木正成のマナー看板。

IMG7_85111
こんなのもありました。他にも何種類かを確認。

IMG7_85120
ここはまたちょくちょく様子を伺いに行こうと思います。


カテゴリー: 棚田 | タグ: , | コメント(0)

坂折の棚田


前回は愛知県の棚田百選を見に行きましたが、間髪入れずに翌週末は岐阜県へやって来ました。
なにせ6月は棚田黄金月間ですから!

最近は名古屋方面へ行くには伊勢湾岸道を利用するのが定番になっているけど、久しぶりに小牧JCT経由で
中央自動車道へ。。。
早朝4時過ぎに出発したのでまだ車の量はそれほどでもなかったけど、やっぱり中央道はカーブが多くて走りにくかったなあ~

で、恵那ICで降りてさらに30分ほど走ると、棚田百選の「坂折の棚田」に到着です。(8時過ぎ)


IMG7_84844
『坂折棚田』 岐阜県恵那市中野方町

ここはなんと約400年前から築かれ始めたという歴史ある棚田なんです!

IMG7_84834
こうして展望所もあり、振り向けば駐車場・トイレも完備されていて快適です。
もちろんここも平成15年度の全国棚田サミットが開催地となっています。

IMG7_84825
う~ん、いい棚田ですねぇ

IMG7_84845
景色も最高です!
やっぱり棚田は朝に来るのがいちばんです。
傾斜は比較的緩やかで、田んぼ一枚当たりの面積は広いです。

IMG7_84853

IMG7_84857

IMG7_84867
石積みが結構高いなぁ

IMG7_84876
下から見たら、城跡の石垣にしか見えません。。。

IMG7_84888
これはこれでなかなかすごいけど、ここの棚田は上から眺めるのがグッドかも。

IMG7_84883
こっちは石積みの上にさらに土塁?みたいな感じになってます。

IMG7_84894
まあ、傾斜はゆるいとさっき書いたけど、そんなことはないかも。。。結構急斜面をどんどん下ってきました。

IMG7_84912
降りてくるにつれ、だんだんなだらかになってきました。
奥に見える幅広い建物は養鶏場のようです。さっきからにわとりの賑やかな鳴き声が響いています。

IMG7_84935
この土塁?も近くで見ると、自分の身長よりはるかに高いんです。3m近くあるかも。

IMG7_84930
そしてその中は暗渠になっていて、このように水を各棚田へ供給していました。
こんなん初めて見たぞ!

IMG7_84921
そうこうしてるうちにいちばん下端に到達。
すっきり快晴の下、空気も美味しいし気持ちのいい景色を堪能。

IMG7_84924
このような立て看板も各所にありました。
隅々まできちんと手入れが行き届いていて、坂折棚田を守るぞという意気込みが伝わってきます。

そして、ゆっくりと登り始めてしばらくすると・・・




IMG7_84941
ん?なんとなく気になる雲やなあ。。。と、足を止めて眺めていると






IMG7_84943
おお!

みるみるうちに、ぼぉ~っと成長していくぞ!!


IMG7_84946
その姿はまさしくシロナガスクジラ!!!
そしてこの形のまま大空へ飛び立っていったんです!!!!

あんなん初めて見たわ。。。

IMG7_84962

IMG7_84964

IMG7_84974
いつの間にか、シロナガスクジラからオタマジャクシ?になって、向こうの空へ去って行きましたとさ。

IMG7_84996
最初の展望所からさらに上を目指し、ここらへんがいちばん上のようです。
絶景ですなぁ~

IMG7_85008
棚田風景ってちょっとアングルを変えるだけで、印象もガラッと変わるのが面白いですねえ~

IMG7_85007
そんなとこへ、ふと目に止まったのがこの岩。

IMG7_85010
じつは田の神様だったのです。
前回の四谷棚田にもいましたね。

IMG7_85012
こうして何百年もの間、坂折棚田を守ってこられたのですね。そしてこれからも。。。


カテゴリー: 棚田 | タグ: , | コメント(0)

四谷の千枚田


棚田百選制覇?の旅もいよいよ愛知県に進出しました!

次の棚田はどこがいいかなあ~といろいろ検討した結果、『四谷の千枚田』に目が止まったのです。
千枚田といえば去年訪れた三重県の『丸山千枚田』がありますが、ここはホンマに凄かった!

参考記事→「ついに丸山千枚田へ。まさに棚田の聖地であった!

あと千枚田といえば、能登半島にある『白米千枚田』。ここはぜひ行ってみたいナンバーワンなのですが、
なんせ片道420Kmもあり、北陸自動車道の金沢を降りてからも100Km以上、下道を走らないといけないので
なかなかハードルが高いんですねぇ。。。

そこで、これまであまり目を向けてなかった中部地方の棚田を探してみるとええ棚田を発見したんです。
愛知県新城市にあり、しかも今年2月に開通した新東名の新城ICから30分程度で行けるんですよ。
というわけで、先週土曜日の朝4時半に出発!
西名阪自動車道~名阪国道~東名阪自動車道~伊勢湾岸自動車道とここまでは従来どおりですが、
そこからそのまま新東名高速に直結したんですねえ。
新東名はホンマに走りやすかったです。

そして、棚田付近になると車のスレ違いも困難な狭い道もほとんどなく現地に到着。

IMG7_84542
全国棚田サミットの看板もありました。
平成17年に第11回棚田サミットがここで開催されてます。

IMG7_84568
サミット開催地とあって、このような駐車場も完備されてますし、道路の幅も広い(笑)
道中、新東名の岡崎SAで美味しいパンを食べたりしたので、到着したのは4時間後の8時半でした。
すでに車が数台停まってます。さすがは年間2万人以上が訪れる棚田の名所ですね。

そして道路の反対側にはどんな棚田風景があるんかな~



IMG7_84546
こ、これは凄い絶景ではないか!!!
これまで見てきた棚田風景にはないものがそこにはあった。

IMG7_84549
棚田がまるで氷河のように斜面にびっしりと詰まってるではないですか!
しばらくは撮影することも忘れて、じーっと見入ってしまいましたよ。

最初に目に飛び込んできたときに、「氷河」のようだと感じたんですが、さっきの看板の説明を読むと
悲しい過去があったようです。。。

IMG7_84567
ここは700年以上の歴史を持つ棚田らしいんですが、明治時代の大雨で山津波が襲ってきて大きな被害を受けていたんです・・・もちろん棚田も崩壊してしまいました。
その後、わずか5年で頑丈な石積みの棚田として蘇ったそうです。

IMG7_84552

IMG7_84556
こんな急勾配に石積みの棚田がびっしりと。凄すぎる!

IMG7_84564L
まさに壮観とはこのことですね!


IMG7_84789
それではここからは歩いて上を目指すことに。
棚田の中を通る道も整備が行き届いています。
この景観を守るために、いろいろ配慮されているそうです。

IMG7_84575_L
いちばん下からの眺めです。傾斜がすごいわ!

IMG7_84587
すでに田植えは終わっているようで、苗も成長し始めています。

IMG7_84589
このような休憩所も管理されていました。さすがは千枚田。

IMG7_84597

IMG7_84607
ひたすら急勾配の上りが続きます。
それにしてもこの石積みはなるほど頑丈そうですね。

IMG7_84615
しかし、このアングルだと城跡の石垣にしか見えない(笑)

IMG7_84620

IMG7_84623
ひたすら上へ上へ

IMG7_84625
小さい面積でも無駄にしません。

IMG7_84630
途中で振り返ると、もうこんなに上がってきてるんやー
でも、まだ上が残ってます(笑)

IMG7_84633
棚田はいろんな形があるのがいいですねえ~

IMG7_84653
この造形美に惹かれるのかもしれませんね。美しい~

IMG7_84669
おお~、ついに反対側の山々の稜線を望めるところまで登ってきましたよ。
この眺めでご飯3杯はいけます(笑)

IMG7_84676
ん?

IMG7_84677
もしかしたら、あそこが田の神様かも。

IMG7_84725
ほぼ全ての田んぼにはこのようにオタマジャクシがわんさかいます。
でも人影を察知するとパーッと向こうに散ってしまうので、アップで撮るのが結構難しいんです。

IMG7_84702
そしてついに四谷千枚田のいちばん上まで登ってきました!

IMG7_84718
こんな立派な展望所も設けてありました。
じつは車でここまで来ることもできるんです。
でも一気に車で上がってきたらせっかくの棚田をじっくり観察することができないので、歩いて登ることをオススメします(笑)

IMG7_84706
頂上からの眺めはこれまた絶景ですなぁ~
歩いて登るとさらに感動も深いっす!

IMG7_84720
先人たちの汗と涙の結晶は我々の想像を絶するものを乗り越えてこうして今に受け継がれているんだと実感します。

IMG7_84743
上りがあると下りがあるのがこの世の常。。。
じつは上りよりも下りのほうがキツいんですよ(笑)

IMG7_84760_L
なんせこの勾配ですから。。。

IMG7_84777
結局2時間ぐらいかけて往復してきました。

IMG7_84787
駐車場には停めきれない車が溢れてる!
やはり棚田はできるだけ早い朝に訪れるのがいいんです。

これで日本棚田百選のうち13ヶ所を制覇(笑)。
まだまだ先は長いのう~


カテゴリー: 棚田 | タグ: , | コメント(0)

畑の棚田(2016年5月)


去年9月以来、ぱったり更新が止まっていましたが、ぼちぼち再開です。
このところブログ記事にするためにカメラ持参で撮影に出かけることがめっきり減ってしまってまして。。。
たまにカメラ持って出かけても、ブログネタになるようなものも撮ってなかったし。。。

直近の記事だけを見ると、すっかり棚田ブログに染まっていますが決してそんなつもりはありません。
と言いながら、ひさびさの記事はまた「棚田」ですけどね(笑)

今回は滋賀県で唯一の『日本の棚田百選』に選定されている畑(はた)の棚田です。

IMG7_84378
琵琶湖の西側沿いの国道161号線を北上すると、有名な白鬚神社があるのでちょっと寄り道。
(写真奥から手前に走ってきます)
この神社の何が有名かというと・・・

前を走る国道161号線を横断すると、左側には雄大な琵琶湖があり、

IMG7_84383
なんと鳥居が完全に琵琶湖に浸かっているんです。

ここから少し北上してから右折して県道296号線を進んでいくと、畑の棚田に到着します。

IMG7_84485
棚田の近くまではバスが運行しております。ここが終点の「畑」バス停です。

IMG7_84503
ここから急勾配の道(左側)を歩いて行くと・・・

IMG7_84483
『日本の棚田百選』の看板がありました。
滋賀県高島市畑地区は標高300~400mにあり、2つの谷沿いに棚田が広がっています。

じつは3年前のこの時期に奥琵琶湖まで出かけたとき、帰る途中でちょっとだけ訪れたことがあるんです。

IMG7_65483
[2013年5月撮影]
このときは下調べもしてなかったし滞在時間も短かったけど、素晴らしい棚田風景に魅了されました。

そしてやっと昨日に訪れたんですが。。。

IMG7_84394
雨は上がってるけど、霧が立ち込めていて周りの山々はまったく見えない!
そしてこの勾配がなかなかすごいぞ!

IMG7_84390
天気は確かに回復傾向だったのだが、これほどの霧が出ているとは。。。

IMG7_84437
まだ田植えが全部終わっていないようでしたが、ここは田植え直後という感じ。
それにしても棚田がある地域だけは霧が晴れていて、これはこれでなかなか幻想的な風景でした。

IMG7_84406

IMG7_84416

IMG7_84421

IMG7_84422

IMG7_84481

ここは独特の雰囲気があって、見るもの全てが素晴らしい!

一旦さっきのバス停まで下りてきて、もう一方の道をどんどん登ってみることに。


IMG7_84496
これぞ絶景ですね!

IMG7_84499

ここは近いうちにもう一度来ようと決めました。
半月から1ヶ月以内の晴れた日が絶好の棚田日和となるはず。

あれ?次回記事も棚田になるのかな?
どうでしょうかねぇ(笑)


カテゴリー: 棚田 | タグ: , , | コメント(0)